経営者にとって最大の問題である資金繰り。
銀行での融資が一般的ですが、審査が慎重で条件も厳しいとあって簡単には借りられないのが現状です。

資金繰りの情報サイトはこちらです。

次に思い浮かぶのは商工ローンやビジネスローンですが、こちらは金利が高いのでなかなか手が出しづらいのではないでしょうか。
銀行での融資もビジネスローンも無理という場合は「ファクタリング」をおすすめします。


ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に譲渡、売却して現金化にできます。

早期に現金が必要なときにはファクタリングを検討してみてください。


メリットは担保を請求されない、条件次第では最短即日での資金調達が可能、信用情報に影響がない、大口でも対応可能などです。



資金繰りに困っている人は利用してみる価値があるのではないでしょうか。


デメリットは個人事業主は利用できない、手数料がかかる、毎月安定した売掛金が無ければならないなどです。

最新のNAVERまとめの情報はかなり役に立ちます。

他にも回収リスクを絶対に負担してくれるわけではありませんので、注意が必要です。

ファクタリング会社によって条件や手数料は違いますので、よく確認してから申し込んでください。

特にリスク負担の有無は重要です。


万が一、取引先企業が倒産してしまった場合、リスク負担をしてくれる会社とそうでない会社があります。


銀行よりも資金調達が早く、商工ローンのように高い金利が必要ないファクタリングですが、細かい条件も多いです。

資金繰りを順調にするためにも条件に合った会社を利用しましょう。