企業が資金調達を行う際にはファクタリングがよく行われています。しかしファクタリングを行う際にはいくつかの費用が必要になります。

それが着手金や手数料やその他の費用になります。
着手金に関しては必要ない会社もありますが、必要な場合約3万円程度となっています。

また手数料は3者間取引がお得です。

その値は1パーセントから5パーセントとなっています。



2者間取引の場合基本的に16パーセントから20パーセントとなっています。

ファクタリングではその日のうちに現金を手に入れることができる可能性があります。

この現金を手に入れるまでの時間が早いと言うことや、審査に通りやすいという点が中小企業の経営者にとっては非常に大きなメリットとなっています。

その他の費用に関してですが、それは事務手続きに1万円程度必要になります。


また契約書収入印紙代として約4000円が必要です。
契約内容によっては次のようなお金が必要になることもあるので頭に入れておきます。

OKWaveを求める人にお勧めしたいサイトです。

債権譲渡登記費用として約6万円、登記抹消費用として3万円程度必要になります。


このほかに公正証書が約8万円で確定日付が3400円となっています。ファクタリングは非課税となっているので、ここに消費税が課税されると言うことはありません。
資金調達は自分の会社の不祥事を防ぐことができ不測の事態を回避するための対応策となっています。

ファクタリングは人気のテーマです。

すなわちリスクマネジメントにとって最も有効な対策として考えることができます。