ファクタリングを導入することによって得られるメリットはいくつかあります。

ファクタリングとは、会社が持っている売掛金や受取手形などの債権を専門会社へ手数料を支払って売却し、基本的には会社で行わなければいけない債権回収を専門会社が行うという仕組みになっています。

したがってここでのメリットは、資金を速く回収できるという点があります。



これは売上債権などを、ファクタリング会社に手数料を支払って売却すると言うことで、すぐに売上債権代金を受け取ることができるからです。



また会計処理に関しては、債権の期日までの金利と手数料が差し引かれた当座預金入金処理として考えられるようになっています。
現在たくさんの企業がありますが、その企業の中で資金調達方法は多様化しています。


その一つの方法としてファクタリングという物があります。

これは売上債権をはたく効率的に回収できると言うだけではなく、中小企業において各種のメリットがあります。
資金調達の方法として利用することが多くなっていますが、このほかに売上債権先の信用に関するリスクを、債権の譲渡先に添加すると言うことができます。
またたくさんの小さな企業との取引を行っているところでは、たくさんの数の売上債権に対する管理や回収を行わなければいけませんが、これらに伴う手続きを簡略化することもできるというのが大きなメリットとなっています。銀行で手形割引の対象にならない物でも資金化できるという特徴もあります。